家族がコロナになったら?家庭でできる8つのポイント!

新型コロナウイルスの感染者が日に日に増えている現在、家族の中の誰かが感染してもおかしくない状況です。

万が一家族の誰かが感染した状況になった場合に、対応できるよう、知識として知っておくことが必要です。

今回は、日本感染症環境学会の情報をもとに、ご家族に新型コご家族に新型コロナウイルスの感染が疑われる人、感染者がいる場合、同居の家族が注意するべき点を8つお伝えします。

1. 感染者と他の同居者の部屋を可能な限り分ける

窓があり、換気ができる部屋で感染者を療養させます。もちろん感染者は極力部屋から出ないようにして、他の家族との接触を減らします。

トイレやお風呂の利用は最小限にし、感染者が利用した後は、その場所を掃除、消毒し、換気を十分に行います。

小さなお子さんがいる、部屋数が少ない、といった理由で、部屋を分けることができない場合でも、感染者から少なくとも2m以上の距離を保つことや仕切りやカーテンなどを設置し、ウイルスが飛沫して感染する可能性を少しでも減らすことが大切です。

同じ部屋で寝るときは、枕を互い違いにするだけでも、感染者の顔からの距離がとれるようになります。

2. 感染者の世話をする人は、できるだけ一人にする

持病のある人免疫力が低下している人妊婦等の方はなるべく避けて下さい

3. できるだけ全員がマスクを使用する

感染者、家族の両方がマスクを着用することで、ウイルスの拡散を防ぎます。

感染者が使用したマスクは、他の部屋に持ち出さずに部屋の入口に置くか、すぐ捨てるようにします。スクを外す際には、ゴムやひもをつまんで外し、マスクの表面には触れずに廃棄します。

マスクを外した 後は必ず石鹸で手を洗うか、アルコールの手指消毒をしてください。

4. 小まめにうがい・手洗いをする

ウイルスのついた手で目や鼻、口などを触ると粘膜・結膜を通して感染することがあります。

家族はこまめに石鹸を用いた手洗いもしくはアルコール消毒をします。

5. 日中はできるだけ換気をする。

感染者のいる部屋はもちろん、他の家族がいる部屋も定期的に換気をします。

6.取っ手、ドアノブなどの共用する部分を消毒する

良く触るところを中心に、0.05%の次亜塩素酸ナトリウムもしくは、アルコール消毒液で拭いていきます。

洗面所やお風呂で使用するタオルは共有せずに、個別に専用のものを用意します。手を拭くのは、ペーパータオルを使用することをお勧めします。

食器、箸、スプーン等などを共用しないことも大事です。タオル、衣類、食器、箸・スプー ンなどは、通常の洗濯や洗浄を行います。感染者のものを分けて洗う必要はありません。

7.汚れたリネン、衣服を洗濯する

新型コロナウイルス感染症は下痢がみられることがあり、糞便からウイルスが検出されることがあります。

体液で汚れた衣服、リネンを取り扱う場合は、手袋、マスクを使用し、一 般的な家庭用洗剤を使用した洗濯機を使用して洗濯し、完全に乾かします。

8.ゴミは密閉して捨てる

鼻をかんだティッシュや唾液など、感染者の体液が付いたものにはウイルスが多量についています。

同居者が触ると感染する可能性があるので、すぐにビニール袋に入れ、室外に出すときは密閉して捨てましょう。

その後は直ちに石鹸を用いた手洗いもしくはアルコール消毒を行ってください。

ご家族、同居されている方は、既に感染している可能性もあります。

感染者の症状が軽快してから 14 日間経過するまでは、外出は控え、自宅で過ごすことが大切です。買い物なども、お願いできる人に玄関に置いてもらうようにして、他の人に感染するのを防ぐ行動をすることが必要です。

まとめ

全て完璧に実施していくのは難しいかもしれませんが、できる感染対策を行っていくことは大切なことです。

感染を広げないために、今、自分にできることを考え、感染の拡大を予防していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です