新型コロナウイルスの企業と個人における対策について

新型コロナウイルスの日本での感染者数が日々増加している中、企業としても、職場内での感染予防、時差通勤や在宅ワークなどの勤務状況の変更等、日々変化している情報に合わせて、対応していることと思います。

日々多くの情報が流出する中、特に ネットやSNS では、どの情報が正しいのか自分自身で判断していくということも必要になります。

「トイレットペーパーが中国で生産されているので、生産できなくなる」という偽情報によって、多くの人が、トイレットペーパー買い求め、本当に必要な方が購入できなくなる状況も発生しました。

情報が混在している中、情報元はどこなの、?この情報は信用できるのか?といった情報を判断する目を鍛えていくことも、私たちに求められています。

日本産業衛生学会で出している、「新型コロナウイルス情報ー企業と個人に求められる対策ー」に関してましては、 日本渡航医学会 産業保健委員会、日本産業衛生学会、海外勤務健康管理研究会で作成されており、厚生労働省、日本感染症学会や国立感染症研究所等の情報をもとに、それぞれの専門家により情報が分かりやすくまとめられています。参考にしていただければと思います。

情報は日々更新されていますので、最新のものをご覧ください。

正しい情報をもとに、適切なコロナウイルス予防対策を行い、一日でも早く、感染が縮小することを願います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です